左メニュー
メニュー
  • メニューを閉じる
  • メニューを閉じる




    先生のまなび

    6月10日土曜日、「心とことばを磨く俳句の力」という演題をもとに、夏井いつき先生の講演会に参加しました。初めは、俳句と教育に何の関係があるの?と疑問に思っていましたが、俳句では17音でその情景を思い浮かばせること、保育の現場では子どもの言葉に耳を傾け、子どもの持っている感情をくみとるということ、どちらも想像力が必要だということが共通しているなと思いました。

    午後からは実際にテーマに沿った俳句を作りました。短い言葉で表現することは難しかったですが、とても楽しい時間を過ごすことができ、貴重な体験をさせていただきました。これからも子どもたち一人ひとりの言葉を聞き逃さず、子ども理解とともに自己肯定の意識が芽生えるように、寄り添っていきたいと思いました。

    つしま幼稚園 谷尾 優衣 記

    6月7日、園内研修として岡山大学教育学研究科教授の大橋先生をお招きし、「造形活動」についての研修を受けました。

    各クラス造形活動の様子をビデオに撮り、研修ではそのビデオを見ながら一人ずつ保育を振り返り、大橋先生からアドバイスを頂きました。

    造形活動では大人の先入観でこれを作る、と決めたものではなく、素材を生かした活動をし、子どものもっている力を引き出して表現できるようにしていくことが大切で
    あり、一人ひとりの発達に合った、子どもが出来る全てをやりきらせてあげることが大切だと学びました。

    あらかじめ教師が書いておいたり、やっておいたりするのではなく、できるだけ子どもに任せていく場面を増やしていくことで、そこから学べることもあり、子どもにとって試行錯誤し、やってみるということはとても大切なことだと教えて頂きました。子どもたちが自ら進んで「やりたい!」と思えるような導入の工夫、そして環境構成を改めて見直し、より良い保育ができるように努めたいと思います。今日の学びを明日からの保育に生かし、日々精進して、参りたいと思います。

    つしま幼稚園 楠原 佐知子 記

    自然とのかかわりを通して ~自然物を使った遊び~と題して、就実学園 石田省三先生の講演を拝聴しました。今回は未来をつくる里山づくりについて、「就実 森の学校」のたくさんの映像をもとに、昔の山と今の山の違いや、竹林の様子などを教えていただきました。

    そのあとは、竹を使って「竹ぼら」や「たけとんぼ」、「ウグイス笛」などを作りました。使い慣れない切り出し刀やのこぎりに少し悪戦苦闘もありましたが、他の園の先生方と協力しながら作品を作り上げました。普段できない貴重な経験をさせていただき、有意義な研修となりました。

     

    つしま幼稚園 吉岡 稚菜 記

    5月17日(水)岡山県私立幼稚園連盟主任会総会で、絵本「どろだんご」の作家 野坂勇作先生の講演「紡ぎだされる命」を拝聴しました。

    「どろだんご」の絵本は私の大好きな絵本で、野坂先生の講演を楽しみにしていました。絵本の読み聞かせが子どもたちの人生にいかに大切かを学び、また、先生が泥団子の色を出すのに、実際の泥を使って絵具を作られたことや新作絵本のできるまでの色々なお話も伺いました。

    絵本には二つのゴールがあって、一つは読み聞かせをし終わったときのゴール、もう一つはその後の人生の中でふっと気づくそれからのゴール。絵本を通して獲得したものはふくよかな人生を紡ぎだすことができる。という言葉がとても心に響きました。そして最後に作り手側からの絵本を選ぶ時の大切なことを三つ教えていただきました。

    ①    初版が一番いい

    ②    絵がしっかりスケッチ、デッサンされた作品がいい

    ③    豊かな文章で書かれているものがいい

    これらを参考に優れた絵本を選び、これからも子どもたちに読み聞かせを続けていきたいと思います。

    つしま幼稚園 片平万寿子 記

     

    28日火曜日、新任・二年目の先生を除く職員で「リーダーのためのコミュケーション研修」を受けました。「報・連・想」情報を共有することで、小さなミスをカバーすることができます。また、わかりやすく伝わる指示の出し方についてポイントを教えてもらいました。まず一番に結論から話す、次に理由を説明する。実際にペアになって事例をあげて話をしてみることで、指示を出すポイントがよくわかりました。

    新年度、新しい先生を迎えるにあたり、「フワフワの言葉」を増やし、プラスの「ストローク」で一人一人が情熱をもって保育に取り組んでいけるように、先輩として環境作りに努めて参りたいと思います。

    つしま幼稚園 山根通代 記

    23日の木曜日に、新採用の先生も交えての研修がありました。初めて対面する先生との距離を縮めるためのゲームをし、和やかな雰囲気で研修が始まりました。職場で大切となってくる「報告」「連絡」「相談」について改めて皆で考えたり、人間関係をうまく築いていくためのお話等、とても勉強になるお話でした。

    私がとても印象に残っている内容は、「共通点を探す」ということです。人は、自分とは違うところにどうしても目がいってしまい、マイナスな感情になってしまいます。違うと感じていたことも、見方を変えると共通点になる、という話を聞いて、職場だけでなく、保育の場でも生きていくことだと思いました。新年度に向けて、より良い人間関係の中で今よりもっと良い保育ができるように、頑張って参りたいと思います。

    つしま幼稚園 石原 歩 記

    本日、フクダ電子岡山販売株式会社 AED専任担当 山下様をお招きして、AEDの使い方について研修をいたしました。

    機械の使い方はもちろんのことですが、緊急事態が起きた時の職員での連携の取り方や、役割分担などを丁寧に教えていただくことができました。
     

    職員全員で、改めて危機管理についての確認をすることができ、とても有意義な研修となりました。

    つしま幼稚園 吉岡 稚菜 記

    2017年3月3日に、「ステキな幼稚園をみんなで創ろう!~ステキな園づくりのベースは役割~」という演題でお話を伺いました。講師はEリソースセンターの石田敦志先生です。

    お話を頂戴した先生のお言葉の中で、「幼児期に大切なことは根拠のない自信を育てることである。」という言葉が非常に印象に残っています。「根拠のない自信」というのはつしま幼稚園の理念でもあります。根拠のない自信とは困難にぶつかった時に「まぁ、大丈夫。」と思える力です。今後、変化の激しい時代を生き抜くにはこのように思えるかどうかが大切になっていきます。私たちは子どもたちに根拠のない自信を育んでいくために、子どもたちの良さを見つけしっかりと褒め、いけないことをした時には怒り、困ったり不安に思ったり悩んでいる子どもの心に寄り添い、時には抱きしめ、子どもたちが自尊心や自己肯定感を抱けるように、保育することの大切さを改めて感じることができました。

    この他にも、非認知能力(やり抜く力・創造力・協調性)を育てることの重要性や、ステキな園を創るための具体的な方法を教えていただきました。研修を通して自分の役割とは何かを考えることができました。今回の学びを今後の保育に一つでも生かせるようにしていきたいと思います。

    つしま幼稚園 松浪 由布子 記

     

    2月21日(火)倉敷アイビースクエアにおいて、岡山県私立幼稚園PTA連合会主催の研修会が実施されました。
    講師の先生は、中国短期大学教授 角田みどり先生です。
    「子どもたちの健やかな成長を願って~笑顔で子育てを楽しもう~」の演題で約90分、子育てについての貴重なお話を伺いました。PTA保護者8名が参加されました。
    保護者の方から感想をいただきましたのでご紹介します。

    つしま幼稚園 園長 光岡美恵子

    私には小学校3年生の息子と年中の娘がいます。気づけば「早く!こら!」の繰り返しの日々です。角田先生のお話を聞いて、まさに私のための講演じゃないかと思うほど、学びの多い講演でした。

    中でも、「子どもの人権の尊重」と「子どもの健やかな成長を願って」が深く心に残りました。話を途中で遮らない、依存させながら自立を促す等、以前は気を付けていたのに、最近はできていなかったことに気づけました。
    帰宅後、子どもに目を閉じてもらい、私の表情を聞いてみました。答えは「嬉しそうな顔!」でした。少し意外です。でも、これを励みに、更には「待ちの姿勢」を忘れずに、これからの子育てを頑張ります。
    大変貴重なお話を本当にありがとうございました。

    つしま幼稚園 保護者

    今年度から絵本大賞の選考委員のお役をさせていただいています。
    先日選考委員10名でたくさんの絵本の中から大賞3冊を選びました。私が推薦しました「きょうはそらにまるいつき」荒井良二作 出版社:偕成社もその中の一冊に選ばれ、たいへんうれしかったのでご報告いたします。他の2冊は「いしゃがよい」「ちがうねん」です。

    大賞には選ばれなかったのですが 私の好きな絵本「よるのかえりみち」みやはしあきこ作 出版社:偕成社もおすすめ絵本として絵本ガイドに紹介されました。
    幼稚園の絵本の部屋にもぜひそろえてあげたいと思います。

    また、今年度から月に一度発行しているPTA新聞の作成にもかかわる仕事をしています。
    現在、今まで以上に充実した紙面になるように内容の検討をしています。昨年アンケートでもご協力いただきましたが、お気づきのことがございましたら教えていただければと思います。
    保護者の皆様の声を十分に反映した新聞づくりに努めてまいりたいと思います。

    つしま幼稚園 園長 光岡 美恵子 記

    先生のまなび