左メニュー
メニュー
メニューを閉じる
メニューを閉じる




先生のまなび

5月26日(木)、つしま幼稚園の英語教育を監修していただいている玉川大学大学院名誉教授 佐藤久美子先生によるリモートで英語研修がありました。

今回は6月、7月の英語を行いました。

 

3・4歳児の時に習った食べ物の名前を使い、5歳児ではWhat would you like? (何にしますか?)     I want sushi.(寿司がいいです)などやり取りができるよう、リズムに合わせるなど工夫をし、楽しみながら英語をしていきたいと思います。

 

つしま幼稚園 伊藤 美月 記

令和4年5月26日

5月23日(月)、つしま幼稚園の英語教育を監修していただいている玉川大学大学院名誉教授 佐藤久美子先生によるリモートで英語研修がありました。

6月・7月は、”here you are”(はいどうぞ) ”thank you” (ありがとう)と渡す動作の言い方や、数の数え方などを行っていきます。

リズムに合わせたり、身近なものを使ったりしながら楽しく取り組んでいけるような進め方を学びました。

子どもたちもクラスでの英語活動に少しずつ慣れ、意欲的に参加する姿も見られるようになってきているので、より楽しく参加していけるよう、私たち保育教諭も楽しみながら工夫し行っていきたいと思います。

 

4歳児クラス担任 安田 記

令和4年5月23日

玉川大学大学院名誉教授 佐藤久美子先生による6,7月の英語の研修を行いました。

3歳児は6月から英語の活動が始まります。

基本の6つの動作「stand up」「sit down」「turn around」「stop」「jump」を教わりました。

「動物・果物・色」を英語で言ったり、自分の好きな「動物・果物・色」を英語で答えたりしました。

歌を歌ったり、身体を動かしたりして、楽しく英語に触れられるように活動していきたいと思います。

つしま幼稚園 矢木 咲帆 記

令和4年5月23日

4月23日(土)HANAドラムマーチセミナー(岡山シンフォニーホール)に行ってきました。

バチの持ち方や、リズム遊びから始まり、リズムが分かりやすいように言葉(ぞーうさん、できましたなど)を当てはめて伝えていく方法を教わりながら、実際に小太鼓やシンバルなどの楽器を演奏してみました。

カウントに合わせて足踏みしながら、楽器を演奏する難しさを痛感しました。それを堂々とできる子どもたちはすごいなと改めて感じました。また、ガードの持ち方や振り付けも教えていただきました。ガードを回すときは旗が「ブンッ!」となるように回すときれいに見えるコツも教えていただきました。

いよいよゴールデンウィークが明けるとドラムマーチの練習も始まります。

子どもたちが楽しみにしているドラムマーチ。今回の研修で学んだことを練習にも活かしていきながら、ドラムマーチ、ガードを子どもたちと一緒に楽しみながら練習をしていきたいです。

つしま幼稚園 5歳児クラス担任 小林桃枝 記

令和4年4月25日

本日、つしま幼稚園で操山労務管理事務所、中谷 優子先生にお越しいただき、勤務年数が1~4年目の職員向けにマナー研修をしていただきました。

コミュニケーションをとる時には言葉以外のもの、表情や態度なども関わってくる、自分があいさつしているつもりでも相手に届いていないと意味がないことなど、普段から当たり前で、出来ていると思っていても、自分を思い返してみると足らない部分があり、再確認することができました。

また、きれいなお辞儀の仕方を教えていただき「スッ ピタッ ゆーっくり」に合わせてお辞儀の練習をし、職員同士で実際にやってみました。150%の笑顔で「ありがとうございました」と「スッ ピタッ ゆーっくり」のお辞儀を相手がしてくれると、すごくいい気持ちがしたことが印象的でした。

言葉遣いや挨拶、お辞儀などいつも当たり前と思っていることの一つ一つを丁寧にすることで人に良い印象を与えられることを改めて実感することができました。

今回の研修で学んだことを大切に、きちんとした言葉をつかえる人になりたいと思いました。

つしま幼稚園 小林 桃枝 記

令和4年4月14日

つしま幼稚園薬剤師の加地弘明先生をお迎えして、小児アレルギーとエピペンの使用方法についての研修を行ないました。初めて研修を受ける職員はエピペンの使い方を詳しく説明していただき、2回目以降の職員は、ワークシートを使い、実際の状況をシミュレーションしながら、話し合いを行いました。最後に全員でシミュレーションし、実際に寸劇で動いてみました。シミュレーションしていくと、子どもの状態を見て判断の難しさや職員間の情報共有の大切さなど、気づきがたくさん見えてきました。今後の課題として、様々な場面でのシミュレーションなど、引き続き研修を深めていきたいと思いました。

つしま幼稚園 後藤雅子 記

 

令和4年4月5日

AEDの研修を受け、緊急時の対応や胸骨圧迫の仕方など実際に体験し、力加減やリズムよく続けて行うことが大切なこと、交代のタイミングが難しいことなど、改めて感じました。

AEDはいつ、どこで必要となるかわからないので、幼稚園のAEDがある場所を全職員が理解し、すぐに対応できるようにいていきたいです。

 

つしま幼稚園 伊藤 美月 記

令和4年4月4日

3月31日(木)に、はじめて午後保育の先生たちとのミーティングに参加しました。

1つ1つの動きを相談して保育を行うことで自分が保育教諭だという実感をもちました。1日の流れを把握しているかしていないかでは、動きが違ってくるので1つ1つの動きを早く覚え、分からない事はすぐに聞けるように行動していきたいです。また、保護者の方に尋ねられたことで分からないことは、知っている先生に聞くことを習慣にしたいです。

明日からも精一杯頑張って、先輩の先生たちの力になりたいです。

つしま幼稚園  世古 海里 記

令和4年4月4日

3月30日(水)に園長先生による「相手を尊重し自己決定を促す関わり」の研修が行われました。

まず、相手を受容することが大切だと思いました。否定的な言葉から入るのではなく、肯定的に受け止めることが大切だと思いました。子どもだけでなく、保護者の方、実習生に向けても同じように肯定して、受け止めることが大事だと感じました。

副園長先生による「嘔吐処理」の研修、午後保育担当先生による「午睡」研修、園長先生による「誤嚥」研修がありました。

研修を受けて、職員同士の連携が大切だと思いました。その場であたふたするのではなく、まず、他の先生方に伝えることを優先したいと思いました。午睡もたくさんの危険があることがわかりました。

つしま幼稚園  山川 璃子 記

令和4年4月1日

3月30日(水)、英語研修がありました。

つしま幼稚園の英語教育を監修していただいている玉川大学大学院名誉教授 佐藤久美子先生によるリモートで英語研修がありました。

英語のストーリーを見て聞こえた英語を真似たり、文章で言えるように活動していきます。今までの学年でしてきたことに続けて、色々な英語の言葉に触れ、習得することが楽しみになるような英語の時間にしていきたいと思います。

 

つしま幼稚園 楠原佐知子 田井佐織 記

 

令和4年3月31日
先生のまなび
2022/03/31
英語研修
2020/01/29
感染症の対策