左メニュー
メニュー
アクセス・マップ 転入園 平成27年度募集要項 2歳児募集 資料請求 6つの特色 講演会のお知らせ 給食について
2歳児保育のご案内 2歳児クラス
にこにこほっぺ
るんるんこぐまっこ
今月の予定表 年間予定表 先生のまなび 新着情報 スクールバス 治癒証明書
  • メニューを閉じる
  • メニューを閉じる




    先生のまなび

    幼稚園型認定こども園の第二ひかり幼稚園の公開保育に参加しました。

    保育園部、幼稚園部、学童保育があり、0歳から小学生まで、それぞれに活動している姿を見学させて頂きました。

    幼稚園は、預かり保育の子どもたちが学年ごとにテーマを設け、廃材を使った遊びが繰り広げられていました。。園の中に入ると、廊下や階段に子どもたちの作った作品が並び、園全体がアートの世界になっていました。廃材は綺麗に整理され自由に選べるような環境の中、子どもたちが思い思いの発想で伸び伸び遊んでいました。先生方は子どもたちの様子を見守り、必要な時に必要な対応をされており、勉強させて頂きました。

    アートの世界は、遊び始める前と後で風景が変わっていき子どもたちの夢中になる様子に感激しました。

    今回の研修を通して、改めて環境構成の大切さを学ばさせて頂きました。これからの保育に生かしていきたいと思います。

    つしま幼稚園 後藤雅子 記

    8月19日~20日 中国地区私立幼稚園研修会岡山大会がままかりフォーラムで行われました。
    記念講演 「可能性に目覚める力を育てる」
    デザイナー、日本デザインセンター代表取締役社長、武蔵野美術大学教授
    原 研哉先生の講演を拝聴いたしました。
    キャベツをテーマにし、デザインした写真を沢山見せて頂きました。様々な角度からキャベツを捉えている発想のおもしろさに驚きました。型にはめるにではなく、どうやってクリアな方向に伸ばしていくのかが大切です。大人は頭を柔らかくして、子供たちをしっかり受け止める事の重要性をお話頂きました。見立てる力をしっかり受け止めてあげましょうとお話されていたことが、印象に残りました。映像で、原先生のデザインされた写真を見せて頂き癒されました。これから子供たちと向き合う時、無数にある見方を意識していきたいと思いました。

    基調講演「保育の質をめぐって」子ども理解から始まる環境の構成の意味をあらためて考える    きらきら星幼稚園長 公益財団法人 全日本私立幼稚園幼児教育研究機構理事           福岡児学院大学非常勤講師 香蘭女子短期大学非常勤講師

    黒田 秀樹先生の講演を拝聴いたしました。

    保育の質が高いというのはどういうことなのか。それは「子どもが満足感や幸せ感をどれだけ持てるか、子どもの笑顔がいっぱいあることです」とお話されていたことがとても心に響きました。

    幼児教育は、環境による教育です。幼児教育の在り方はD(実践)→C(評価)→A(改善)→P(計画)である。教師が一方的に用意した環境で子どもを遊ばせるのでなく、子供と共に作る環境構成という視点を忘れずに、子どもたちが幸せで笑顔いっぱいになれるよう、また素敵な保育のデザイナーを目指してこれからの保育に励んでいきたいと思います。

    つしま幼稚園 後藤雅子 記

     

    8月10日幼児体育健康教育講習会の研修に参加しました。

    午前中は名古屋芸術大学保育専門学校の浦野忍先生から子どもの体の発達にとって体育はとても大事な役割を持つことを学びました。拍子(音の強弱)に合わせて動くタイミングを考えるリズム遊びも教えて頂きました。また保育の現場で生かしていきたいと思います。

    午後からは運動会マスゲーム(バルーン)の研修を受けました。子どもたちがみんなで心を合わせ良い経験の出来る運動会となるように取り組んでいきたいと思います。

    つしま幼稚園 石原通子 記

     

    8月7日(水)に岡山市勤労福祉センターで岡山市発達障害支援センターひか☆りんくの研修に参加しました。最初に特定非営利活動法人【星とたんぽぽ】の所長である渡邊好子先生から「幼児期の療育~初めての療育。保護者との協働~」という演題の研修を受けました。子どもひとりの得意な事(強み)を生かして子どもたちの豊かな育ちの為に、どんな支援が必要なのかを学びました。私たち保育教諭や保護者が、子どもの強みを見つけ、それが子どもたちの自信になり自己肯定感につながる、一人ひとりの強みをたくさん見つけられる先生になりたいと思いました。次に実際に星とたんぽぽを利用された保護者の方より、幼児期の療育で得た知識が小学校に行ってからも子どもの生活にいかされている、ということを聞きました。星とたんぽぽの療育のすばらしさ、療育の必要性を痛感しました。最後に事業所のアドバイザーである川崎医療福祉大学重松孝治先生より、園での個別支援計画、指導計画の作成の話を聞きました。困ったときは重松先生のアドバイスも受けながら、一人ひとりに適切な支援ができるよう取り組んで参ります。

    つしま幼稚園 石原通子 記

    8月6日にくらしき作陽大学附属認定こども園での研修に参加しました。

    午前中はくらしき作陽大学准教授の渡邉亮太先生から

    「子どもの認知特性に基づいた個別支援計画の立て方」の研修を受けました。

    日常の観察記録による個性の把握をしっかりし子どもへの手立てを考えていくことを学びました。

    午後は倉敷市立短期大学教授の木戸敬子先生より

    「人間関係のスキルをあげるコーチング」についての研修を受けました。

    講和の中で「子育ては未来に生きる子どもたちを育てること、保育者は未来を創る専門家です」という

    言葉が心に残りました。園内で職員間しっかりコミュニケーションを取りながら子どもたちと向き合っ

    ていきたいと思います。

    つしま幼稚園  髙橋靖子

    8月2日岡山市私立幼稚園主任研修会に参加しました。

    午前中は中国学園大学、中国短期大学附属たねのくにこども園の施設見学をさせて頂きました。

    午後からは中国学園大学の住野好久先生より~カリキュラム・マネージャーとしての役割~について

    お話を聞きました。日々実践記録をとり、その記録を基に園内で保育者の幼児理解について話し合い

    共有していくことが園全体の保育の質の向上につながっていくことを学びました。

    職員一人ひとりが子どもたちと向き合い実践していきたいと思います。

    つしま幼稚園 高橋 靖子

    片平先生による恒例のピアノレッスンがありました。

    基本のコードや和音の転回を学びました。

    学んだコードを使って、自分で「メリーさんのひつじ」の楽譜を書いたり、弾いたりしました。

    同じ曲でも、少し音を変えるだけで、楽しく感じたり、悲しく感じたりしました。

    コードを身に付けることで、色んな雰囲気を表現できることがわかりました。

    3回のレッスンで、もっと色んな表現の音楽を弾けるようになりたいです!

    つしま幼稚園 矢木咲帆 記

    今日の職員会議は、『話し方』についてお話をいたしました。
    1学期が終わり、子どもたちや保護者の方に対して、ご自身の言葉遣いはいかがでしたか?

    夏休みは良い機会ですので、日ごろの話し方や言葉遣いを振り返り、ていねいな言葉遣いを今一度心がけましょう。

     

    つしま幼稚園 園長 光岡美恵子

    7月30日、31日園内研修がありました。

     

    玉川大学名誉教授 佐藤久美子先生に英語研修をしていただきました。

     

    佐藤先生がつしま幼稚園のために作って下さったカリキュラム(Tsushima method)に基づいて

    各学年のカリキュラムから先生たちの模擬授業を見て頂き、ご指導いただきました。

     

    普段の園での生活の中でも使えるフレーズを教えていただきました。

    お昼ご飯を食べている時にもYummy!Yacky!と自然に声を掛け合えれたらなと思います。

    今日の模擬授業だけでなく、今後も教師同士学び合いながら、子どもたちが楽しみながら学べるようにつしま幼稚園の英語教育を高めていきたいと思います。

    つしま幼稚園 小林桃枝 記

    今日は、岡山大学教育学部教授大橋功先生による絵画指導の園内研修がありました。

    年少年中年長3クラスの保育を見ていただき、どのようにすれば造形活動を通して子どもたちの持っている創造性を発揮させることができるのか、しっかり遊び込むことができるのかを教えていただきました。

    教師のイメージした形の造形活動でなく、子どもたちが自由な発想で「したい!」と思える活動や遊びを提供できるような具体的な導入の仕方等を学びました。

    今日の学びを明日からの保育に活かしていきたいです。

    つしま幼稚園 年中組担任 岡田 亜弓 記

    先生のまなび