学校法人大森学園
先生の学び
左メニュー
学校法人大森学園
メニュー
つしまひまわり保育園の外観
内閣府所管の企業主導型保育園
つしまひまわり保育園 〒700-0085
岡山市北区津島南1丁目3-9
つしま幼稚園内
TEL 086-252-0171 園の紹介 入園のご案内 ブログ
つしまおひさま保育園の外観
小規模保育園
つしまおひさま保育園 〒700-0085
岡山市北区津島南1丁目1-9
TEL 086-239-6564 園の紹介 入園のご案内 ブログ
学校法人大森学園 採用情報
  • メニューを閉じる
  • メニューを閉じる
    つしまひまわり保育園の外観
    内閣府所管の企業主導型保育園
    つしまひまわり保育園 〒700-0085
    岡山市北区津島南1丁目3-9
    つしま幼稚園内
    TEL 086-252-0171 園の紹介 入園のご案内 ブログ
    つしまおひさま保育園の外観
    小規模保育園
    つしまおひさま保育園 〒700-0085
    岡山市北区津島南1丁目1-9
    TEL 086-239-6564 園の紹介 入園のご案内 ブログ
    学校法人大森学園 採用情報

    先生の学び一覧

    幼児の学びを豊かにする環境の構成ーみなさんの保育記録からの学びー

     つしま幼稚園にて行われた、「幼児の学びを豊かにする環境の構成」という研修に参加しました。2歳児~5歳児の保育事例・記録をもとに、各年齢の特性や保育で大切にしたいことを教えていただきました。また、幼児期に育みたい資質・能力を再確認し、そこに到達するまでの0・1歳児の保育の重要性や大切さを改めて考える機会となりました。0・1歳児で思いを十分に受け止めてもらい、安心できる環境の中で、見たり聴いたり、触れたり挑戦したりと、いろいろなことを経験していけるようにしたいと思います。そのために職員間で、同じ方向に向かって保育をしていくための話し合いをしたり、環境構成について案を出し合ったりすることが大切だと思うので、今後も職員間での共通理解を十分にしていきたいと思います。

    認可外施設の施設長及び従事者(保育士等)研修会に参加しました。

     「子どもの人権を育み、守る保育」をしていくために、日々の保育を振り返り、「子ども理解=子ども観」を見直すことが大切だと教えていただきました。事例をもとに、この場面・この言葉・この行動?!ということで、実際に自分がその場にいたときどのように声かけ、かかわりをしていくかを考えることで、それが子どもの人権を育み、守る保育につながっているかということを考えるよい機会となりました。子ども理解を見直し、園全体で話し合って取り組み、「答え」を出すことよりも「考え続ける」ことで、多様な視点を大切にして、より良い保育を目指していきたいと思います。

     

    エピペンの研修を受けました。

     初めてエピペンの研修に参加し、小児アレルギーとエピペンの使い方について学びました。

    説明を聴いた後に、グループに分かれて手順について話し合い、シュミレーションすることで問題点・今後必要なこと等に気付き、理解を深めることが出来ました。

    迷った時に、エピペンを打たないよりは打った方がよいということでした。もしもの時に落ち着いて対応できるように、保護者と対応について確認、職員同士の情報共有等、しっかり事前に準備をすることが大切だと改めて気付きました。

     

    ひまわり保育園 永瀬

    AEDの研修を受けました。

    AEDの研修を受け、AEDの使い方や心臓マッサージのやり方を再確認することができました。

    いつ、どこで、AEDを使用する状況に遭遇するかわからないため、定期的に手順を確認しておくことが大切だと改めて感じました。

    乳児は、AEDのパットを貼る位置や、心臓マッサージの力の入れ具合も変わってくるため、手順や声掛けの内容を職員間で十分に共通理解していきたいと思います。

     

    ひまわり保育園 切佐古

    岡山市保育士等キャリアアップ研修(保護者・子育て支援)

    岡山市保育士等キャリアアップ研修保護者支援・子育て支援を受講しました。

    保護者・子育て支援は自分一人で対応するものではなく、職員・専門機関等との連携を図りながら園として組織的に行っていかなければならないということを学びました。

    様々な知識を得て、適切な支援ができるようにしておくことは勿論、保護者の小さなSOSにも気付ける保育者でありたいと思いました。これからも子どもの幸せを第一に考えながら、保護者の思いや意向をしっかりと聞き、保護者や子どもの置かれている状況を知ることを意識した丁寧なかかわりをしていくことでより強い信頼関係を築いていきたいです。

     

    つしまひまわり保育園  岡田 真依

    岡山市保育士等キャリアアップ研修(保健衛生・安全対策)

    岡山市保育士等キャリアアップ研修保健衛生・安全対策を受講しました。

    保育者として、一人ひとりの子どもが健康で安全に過ごすことができるよう、一つでも多くの感染症や病気、それらの対応方法についての知識を身に付けることの大切を学びました。

    また、事故事例などを元に安全対策をしたり、過去の事故事例なども他の職員と共有したりしながら、問題意識をしっかりと持って、保育を行っていきたいとおもいます。

     

    ひまわり保育園  岡田 真依

    岡山市保育士等キャリアアップ研修(食育・アレルギー)

    岡山市保育士等キャリアアップ研修食育・アレルギーを受講しました。

    楽しい雰囲気の中で食事ができる環境づくりをしたり、食事の挨拶やマナーを伝えたりしていく中で、より食に興味や関心が持てるようになるために、野菜を育てたり、調理員や栄養士と関わることのできる機会を持つなど、自園でも今から取り組めることがあると感じました。できることから少しずつ取り入れていきたいと思います。

    また、アレルギーのある子どもに対しては、職員間で情報共有、配慮、対応を徹底していきながらも、他の友だちと一緒に食事をすることの楽しさや、食べられることの喜びを感じながら、できるだけ同じ環境の下で食事ができる工夫に努めていきたいです。

     

    つしまひまわり保育園  青山 愛子

    岡山市保育士等キャリアアップ研修(乳児保育)

    岡山市保育士等キャリアアップ研修乳児保育を受講しました。

    この分野を受講して、子どもを信頼して温かいまなざしで見守り、子ども一人ひとりが自分の気持ちを自由に表現でき、受けとめてもらえる環境作りの大切さを改めて感じました。

    現在の保育を振り返りながら、これからもこの学びを活かしていきたいです。子どもの行動に良し悪しを決めつけるのではなく、子どもの思いを少しでも多く汲み取った言葉がけと、愛情いっぱいのかかわりを意識して保育をしていきたいと思います。

     

    ひまわり保育園  岡田 真依

    岡山市保育士等キャリアアップ研修(幼児教育)

    岡山市保育士等キャリアアップ研修幼児教育を受講しました。

    子どもが何に興味関心を持ち、意欲的に取り組んでいるか、子どもの今の姿をしっかりと捉え、子どもが主体的に関わりながら活動を展開していくことのできる環境づくりを意識していきたいと思いました。また、保育の専門家として3視点・5領域にどのように重なるかを常にイメージしていくことの大切さも改めて学ぶことができました。

    子どもの小さな発見の姿や声を逃さず、一人ひとり違った子どもの世界にしっかりと共感し、寄り添える保育者でありたいと思います。

    つしまひまわり保育園  青山 愛子

    救命救急法の講習会

     中消防署で行われた救命救急法の講習会に参加しました。

    今まで大人に対しての心肺蘇生を学ぶ機会はあったけれど、乳幼児に対しての心肺蘇生を学んだことがなかったため、乳児の人形を使って実際に胸骨圧迫とAEDを体験することができてとても勉強になりました。

     乳児の場合は片腕で抱きかかえた状態で行うとよいということや、寝かせた状態で行う場合には気道の確保がしやすいようにタオルを敷いてあげるとよいということ、また、第一に何よりも気道確保が重要になるということをこの講習で知り、学ぶことができました。

     実際にそのような場面に立ち会うことになった際は怖がらずに心肺蘇生ができるよう講習で学んだことをしっかりと生かして対応していきたいです。

     

     つしまひまわり保育園    岡田 真依

    ページの先頭へ