左メニュー
メニュー
メニューを閉じる
メニューを閉じる




つしま幼稚園の特色

つしま幼稚園6つの特色

英語

年少から年長まで、ほぼ毎日英語を保育の中に取り入れています。
(年少組は入園後幼稚園に慣れたころ様子を見ながら、また2歳児あんず組では2学期ごろから子どもたちの様子を見ながら少しづつ取り入れていきます。)

平成30年度より、玉川大学大学院教授 佐藤久美子先生(NHK英語であそぼの監修を長年されています。)が、つしま幼稚園に全国の幼稚園で初となる新しいカリキュラムを作成してくださいました。各クラスの担任は、このカリキュラムに沿って、ほぼ毎日10分から15分間、子どもたちと楽しく英語に触れ合っています。

年長は佐藤先生が作成された映像教材とワークシートを使って、担任が楽しく進めています。年中年少はその月のテーマに沿ってサイバードリーム(映像教材)を併用し、子どもたちの興味を引き出すように工夫をしながら楽しく行っております。

佐藤先生のカリキュラムを導入したことで、各担任が同じ進度で同じ内容で教育をすることができ、耳から聞くだけでなく、子どもたちの発話が増え、より習熟度がアップすることになります。そして佐藤先生が年に3回、2日間にわたり担任への研修を行います。

また、週に1~2回、外部からの英語教育指導者が、子どもたちに英語でレッスンを行います。廊下や園庭など子どもたちと接する際はすべて英語で話します。子どもたちだけでなく、担任教諭にも英語指導やサポートを行うことでレベルアップを図ります。

そして、留学生交流会として、月に2~3回程度、岡山大学在学中の外国人留学生に幼稚園に来てもらい、子ども達と英語で触れ合ってもらっています。現在インド・ベトナム・ウズベキスタン等の留学生が来ています。子ども達は外国のお兄さんたちに興味深々で、瞳をキラキラさせてゲームや手遊び、絵本などで楽しいひと時を過ごしています。(現在、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、留学生交流会の開催は見合わせております。)

幼児期は、聴覚と発声運動のはたらきの感性が最も豊富な時期です。英語の聞き取りや発音を幼児期に十分に体験しておくことは、将来の英語学習に備えた基礎づくりとなります。幼児期の子どもは、英語を知識として学ぶのでなく、英語を言語の一要素として、ちょうど方言と標準語を同時に学んでいる感覚で身に付けることができます。

玉川大学大学院教授 佐藤久美子先生のカリキュラム(つしまメソッド)と、留学生との異文化交流を組み合わせることで、英語をコミュニケーションの一つとして、子ども達がより自然に受け入れることができればと願っています。

  • 英語
  • 英語
  • 英語

リトミック

リズムに合わせて体を動かしたり、表現遊びを楽しみながら、協調性や社会性を養うことを目的としています。全園児を対象に月1~2回、副園長が指導しています。
いろいろなリズムパターンの習得や、リズミカルな動きは、子ども達の身体発達にとって重要であると考えています。
  • リトミック
  • リトミック
  • リトミック
子ども達にとっては、あくまでも音楽遊びなのがリトミックです。これからも「楽しくなくては身につかない」をモットーに、子ども達と日々楽しいリトミックを続けていきます。

リトミック担当:片平万寿子より
【リトミック研究センター指導者上級資格】
【ピアノ・1歳児・幼保指導者資格】

お茶のおけいこ

年長児を対象に、理事長が月1回指導しています。茶道教育を通して「聞くときには聞く」「するときにはする」「考えるときには考える」これらのことが、きちんとできる子どもに育っています。
  • お茶のおけいこ
  • お茶のおけいこ
お作法は忘れても、お辞儀の正しく美しい仕方、立ち居振る舞いは子供たちの心とからだに刻まれます。
学年末には、子ども達から保護者の方に一服差し上げるお茶席は大変好評です。
毎回季節のお花、掛軸をしつらえ、そして季節を感じられるお菓子で、いつもの幼稚園とは違った静かな時間を子どもたちと楽しんでいます。
慣れてきたらお道具を丁寧に扱うことをお話しています。物を大切に、お友達を大切に、そして何より自分を大切にできる人にそだってほしいと願っております。

お茶のおけいこ担当:理事長 大森陽子より

鼓隊

年長児が運動会で行うマーチングは、つしま幼稚園の魅力の一つとして30年続いています。全員で一つのことに取り組むことによって、社会性は言うまでもなく、集中力がんばる力が育っています。
  • 鼓隊
  • 鼓隊
字のおけいこ

園長の光岡が子ども達の育ちや発達を考慮しながら、話す力・聞く力を育てることを目的に、遊びの中で月1回実施しています。祖父母にお手紙を書いたり、筆で書初めをすることで、楽しく文字に触れる経験をしています。
字のおけいこ
鍵盤ハーモニカ

「年中組になったら鍵盤ハーモニカが吹けるようになる。」と子ども達が楽しみにしている活動です。園長の光岡の楽しい指導で少しずつ鍵盤に興味を持ち、年長組の発表会では“きらきら星”も上手に演奏しています。鍵盤ハーモニカは園用に備えてあり、吹き口のみは衛生面を考えて個人の持ち物となっています。
鍵盤ハーモニカ