左メニュー
メニュー
  • メニューを閉じる
  • メニューを閉じる




    私立幼稚園連盟全体教員研修会に参加しました

    1月27日の土曜日、「一人ひとりの子どもの未来を拓く教育を目指して」という演題で研修を受けてきました。

    初めにちょっとしたゲームをしました。現場ですぐに実践できるようなゲームで、子どものように無邪気に楽しみました。

    その後は、それぞれの園で教育目標をもう一度確認し、この1年間自分はその目標に沿った保育ができていたか、今後の自分の課題は何かなど考えました。

    私は、教育目標を常に頭に入れること、P(計画)D(実行)C(チェック)A(改善)この4つをもっと意識し、1年間子どもたちをどのように育てていくかもう一度見直す必要があると感じました。

    これからの子どもたちが生きる社会では、主体的に幸福な人生を自ら創り出していく必要があるとおっしゃっていました。

    こういった力をつけるためには、教師が1日1日の教育にねらいをきちんと立て、遊びや環境を十分に用意し子どもたち一人ひとりの様子を見てその子に合うような環境作りが必要だと思いました。
    私は今年長組の担任なので小学校に円滑に繋ぐことができるように、しっかり今の子どもの姿を観察して伝えていきたいです。

    つしま幼稚園 谷尾 優衣 記

     


    2018年1月31日