左メニュー
メニュー
  • メニューを閉じる
  • メニューを閉じる




    「造形活動」についての研修を受けました

    6月7日、園内研修として岡山大学教育学研究科教授の大橋先生をお招きし、「造形活動」についての研修を受けました。

    各クラス造形活動の様子をビデオに撮り、研修ではそのビデオを見ながら一人ずつ保育を振り返り、大橋先生からアドバイスを頂きました。

    造形活動では大人の先入観でこれを作る、と決めたものではなく、素材を生かした活動をし、子どものもっている力を引き出して表現できるようにしていくことが大切で
    あり、一人ひとりの発達に合った、子どもが出来る全てをやりきらせてあげることが大切だと学びました。

    あらかじめ教師が書いておいたり、やっておいたりするのではなく、できるだけ子どもに任せていく場面を増やしていくことで、そこから学べることもあり、子どもにとって試行錯誤し、やってみるということはとても大切なことだと教えて頂きました。子どもたちが自ら進んで「やりたい!」と思えるような導入の工夫、そして環境構成を改めて見直し、より良い保育ができるように努めたいと思います。今日の学びを明日からの保育に生かし、日々精進して、参りたいと思います。

    つしま幼稚園 楠原 佐知子 記


    2017年6月08日