左メニュー
メニュー
  • メニューを閉じる
  • メニューを閉じる




    園内研修「自分の花と時分の花を咲かせる保育」

    DSC076578月30日、園内研修として岡山大学教育学研究科教授の大橋先生をお招きし、「自分の花と時分の花を咲かせる保育」をテーマに研修を受けました。

    造形活動をするうえで「自分=個性」を大切にすることはもちろん「時分=発達段階」も大切にすることが必要だと教えていただき、改めて自分の保育を見直す機会となりました。大人の先入観で子どもが描く絵を導くのではなく、その子ども自身がもっているものを十分に引き出し、表現できるようにしていくことが大切だと学びました。
    また、描いた絵を「見る」だけでなく「聞く」ことも大切にし、子どもたちがどのような思いをもって描いたのかしっかりと聞くことで、また描きたいと思えるようになったり自信になったりすると教えていただきました。

    造形活動をとおして子どもの喜びをいっぱいにできるよう、今日の学びを明日からの保育にいかして参りたいと思います。


    つしま幼稚園 飯田 千晴 記


    2016年8月30日