左メニュー
メニュー
メニューを閉じる
メニューを閉じる




つしま幼稚園の「給食」と「食育」

給食について

2歳児クラス(あんずぐみ)

配膳型給食は、温かいものは温かく、またその日のお子様の体調や、食べられる量に合わせて調整ができます。小食のお子様には少なめに盛り付けてあげることで「ぜんぶ食べられた!」という達成感を、またたくさん食べられるお子様には、おかわりができる喜びがあります。

今日の給食一覧

自然派給食のこだわり
1
ごはんは、栄養価の高い玄米を使用し、子どもの咀嚼力も育てます。
2
野菜は、1回の給食に10種類以上取り入れています。
3
だしは、すべて自然のかつおや、煎り干しなどを使用し薄味で素材の味
生かしています。
4
副菜は、根菜類を基本に旬の食材を使用しています。
5
調味料にもこだわり、極力天然の物を使います。
6
アレルギーを持った子どもにも同じ給食が食べれるよう牛乳・卵・そば・ピーナッツ・甲殻類を使わない献立になっています。


給食業者:株式会社セントラルフーズ
※給食時に飲むお茶は「佐賀県産大麦100%」を使用しています。


おやつについて

【預かり保育】では長時間になるため、おやつをお出しております。
安心・安全面を考え、つしま幼稚園常駐の管理栄養士 長光裕子が監修をいたします。
香料・着色料・化学調味料を使用していない安全な材料を使い、安心して食べていただけるものを選んでおります。よく噛んで食べる、味付けのやさしい日本の昔ながらの自然なおいしさを活かしたおやつです。
一カ月ごとにおやつの予定表をお配りしています。毎日果物をお出ししており、厳選した業者から毎日新鮮な物を届けてもらっています。また、月に1度「お楽しみデー」として季節やイベントのお菓子をご用意しています。いずれもアレルギーのお子様にも召し上がっていただけるものになっております。

アレルギー対応について

お子様それぞれのアレルギーの状態を、担任以外の教員もしっかりと把握をする必要があると考えております。入園時には、アレルギー調査票に必要事項をご記入いただき、それをもとに個別に面談をさせていただきます。保護者様のご了解をいただけた場合には、どんなアレルギーがあるか、一目でわかるワッペンをお作りし、制服の肩につけていただきます。教員全員がそれぞれのアレルギーを把握し、安全な保育に心がけています。

食育について

いろいろな食材に触れ、「食」の大切さを伝えます
子どもたちが、自分が食べているものについて知ることは生きていくうえで大切なことです。子ども自身が食に興味を持って生活できるよう子ども達にも「食」の大切さを伝えていきます。
また、月に2回「食育相談」、学期毎に1度「食育座談会」を設け、お母様方へのバックアップもしてまいります。お気軽にご相談、ご参加ください。

「食育座談会」は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から現在開催を見合わせております。

管理栄養士の長光裕子と申します。病院や保育園、産業給食で長年栄養士として勤務した経験を生かして、皆さんのお力になれたらと思います。給食の事、お子様の「食」に関する不安や心配ごとなど何でも、お気軽にご相談ください。
食育相談

毎月 第2・第4火曜日 13:00~14:00
幼児期は身体的にも精神的にも成長の活発な時期です。
「遊び食べ」「むら食い」「偏食」「食物アレルギー」等で、困っているお母さん!お気軽にお声かけください。管理栄養士・長光が対応させていただきます。
予約は要りません。ご希望の方は受付日時に事務所にお声かけください。
食育座談会


新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、現在開催を見合わせております。


【 食育座談会 】
岡山市中区竹田に新しく移転した、セントラルフーズの厨房を、申込みいただいた約50名の保護者様と一緒に見学に行ってきました。厨房で作っている様子をガラス越しに見学し、料理長より今日の料理の説明していただき、その後、みんなで当日の給食を食べました。
天然だしと既製品のだしの違いについてのお話も聞かせていただき、楽しい見学会となりました。