左メニュー
メニュー
  • メニューを閉じる
  • メニューを閉じる




    教育理念

    教育理念
    心の根っこを育てます
    まだ何色にも染まらない無垢な子どもの心
    私たちは、何ものにもかえがたい一人一人のお子様の心を一生懸命みがいていきます。
    大切な幼児期、お子様の心に添いながら、育ってほしい一番大切な生きる力・心の根っこを育ててまいります。
    たいへんなことにぶつかっても「まあ、自分は大丈夫」と思える、そんな根拠のない自信…これが心の根っこだと考えています。
    子どもたちが幸せな人生を歩いていくために必要な、心の根っこを育てることに全力を注いでいきます。




    教育方針

    幼児期は人間としての基礎となる部分が育つ大切な時期です。

    つしま幼稚園の教育方針

    人間は知・情・意の発達がバランスよく行われることが望ましいのですが、特に幼児期においては情・意の発達、即ち人間生活の基礎となる基本的生活習慣・情熱や意欲等の心を育てる教育が最も大切と考えています。
    本園ではこの意味で健康な体と思いやりの心を育てるために幼児期にふさわしい環境を用意し、毎日の保育の中で感動体験を蓄積して、人間としての基礎教育を行っています。



    つしま幼稚園の教育目標

    つしま幼稚園では、とことん遊びつくす、遊びこむことをとても大切にしています。
    我を忘れて夢中で遊ぶ中で、こどもの知性はどんどん伸びていきます。
    教育目標
    • 教育目標:健康な体で、いきいきした子
    • 自分のことは自分でできるがんばりのある子
    • 心が豊かで、みんなと仲良く遊べる子


    指導の重点

    ~後のびする力を育成するために~
    幼児期は人間として基礎となる部分、木に例えると根っこの部分が育つ時期です。
    将来、緑の葉をたくさんつける豊かな木になるために、根っこの部分をいろいろな遊びを通してしっかり育てます。
    • 個々の幼児理解と、発達の特性に応じた指導に努める (個性を伸ばす教育)
    • 主体的に生活に取り組む意図的な態度を育てる (自立を育てる教育)
    • 友達と仲良く遊ぶことにより、園生活の楽しさを味わわせる (協調精神の育成)
    • さまざまな表現活動を通じて感性豊かな幼児を育てる (感性を育てる教育)
    • ものを大切にしながら、基本的生活習慣を身に付けるよう指導する (感謝の心の教育)
    • 登降園時や園内で安全に行動できるように指導する (安全教育)

    つしま幼稚園の教育目標
    画像をタップすると拡大表示されます。

    年齢別取り組み

    年少組の取組み

    年少組の取り組み
    年少組では、幼稚園の生活の中で初めて経験することがたくさんあり、発見もいっぱいあります。毎日思いきり遊ぶ中で、たくさんの友だちとの関わり方や、集団で遊ぶ楽しさを十分に感じられるように、そして何より安心して過ごせるように環境を整えています。
    一人一人がその子らしさを出し、大好きな先生に寄り添いながら大好きな幼稚園に明日も行こうと思える、笑顔いっぱいの子どもになるよう取り組んでいます。
    年中組の取組み

    年中組の取り組み
    年中組は幼稚園でのいろいろな遊びの中で、友だちとの関わりを深めていきます。友だちとの遊びの中で、友だちとイメージを共有して笑ったり泣いたりぶつかったりしながら、のびのびと自分の思いを表現し、ルールを守って遊んだり、友だちの思いを受け止めて遊んだりする楽しさを感じられるような環境を構成していくことが大切だと思います。
    また、いろいろなことに興味を持ち、やってみたい事がいっぱいの年中組です。様々なことへ興味、関心を広げ、主体的に関わっていくことのできる力を育てていきます。
    年長組の取組み

    年長組の取り組み
    年長児は、心身共にたくましく、知的好奇心もぐっと増す時期です。
    広い園庭で思いっきり遊び、試行錯誤を繰り返しながら、全力を傾けて園での様々な生活に熱中し、一人でもみんなとでも「やったね」という充実感を味わい、友達と力を合わせて楽しい園生活を創り出していきます。健康な体で力いっぱい遊ぶ中で、楽しいことが大きく広がっていきます。
    個々の幼児の発達に即し、一人一人を大切にしながら、意欲的に取り組むことができる幼児、思いやりをもつことのできる幼児の育成をめざしています。そして小学校へ自信をもってすすんでいってほしいと願っています。